About

Beyond Limitsの使命は、人間の才能と能力を増幅する人間のような推論力を持った自動化ソリューションを創造することです。Beyond Limitsの得意分野は、過酷な環境で発生する複雑な課題です。人類が今までやったことの中でも、1億5千万マイル離れた惑星に宇宙船を着陸させることほど難しいミッションは、あまりありません。人間の専門家の手の届かないところで自律的な意思決定に処理を任せるには、AIへの絶大な信頼が必要です。Beyond Limitsは、地球上の多くの企業がミッションクリティカルなシステムに対する同様のニーズを持っていることを認識しています。そのニーズには、リアルタイムの鋭い状況認識、予測解析、エッジにおける領域の専門知識、そして情報に基づいた意思決定を下し、意味のあるアクションを起こすために瞬時に行われる人間のような推論があります。それこそがBeyond Limitsが創設された理由です。

イノベーションの財産
1891
オリジネーション
パサデナの丘に世界有数の科学機関であるカリフォルニア工科大学が設立。
1936
イノベーション
ロケット工学と宇宙飛行の挑戦と可能性を思い描いて、カリフォルニア工科大学がグッゲンハイム航空研究所(現在のジェット推進研究所)を設立。
1958
エクスパンション
JPLと共に遠く離れた世界への全ての無人宇宙ミッションを担当するNASAが創設。
1998
インスピレーション
デビッド・ボルティモア学長がカリフォルニア工科大学の技術共有・事業化プログラムを創設。
2005
コグニション
大望あるNASAのプロジェクトの必要性を満たすためにJPLの伝説的なAI推論研究所が設立。
2012
エクスポラレーション
キュリオシティローバー探査機が火星に着陸し、 インテリジェントテクノロジーがミッションをサポート。
2014
イグニション
Beyond Limitsがカリフォルニア工科大学・ジェット推進研究所から 9.6マイル離れた地にスタートアップ企業として誕生。
2017
エボリューション
Beyond Limitsが大規模で高価値の産業における非常に困難な幾つかの問題に取組む。
2019
アクセラレーション
Beyond Limitsの規模、範囲、影響力が4倍に増大。
2020
イノベーション
Beyond LimitsがどのAI企業も到達していない領域に飛立つ。